友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

企画展「賀川豊彦と友愛会・総同盟」(2017.7.6~12.22)のご案内!
 今回の企画展は、キリスト教伝道者・社会運動家として知られる賀川豊彦です。2017年は賀川豊彦(18881960)が友愛会の活動に加わってから100年という節目の年に当たります。友愛労働歴史館はこれを記念し、企画展「賀川豊彦と友愛会・総同盟」(2017.7.612.22)を開催いたします。  第1部では1888(明治21)年に神戸で生まれ、キリスト教伝道者・牧師として、労働運動や農民運動、協同組合運動などに取り組んだ賀川豊彦(18881960)の71年の生涯について概観します。2部では1917(大正6)年に友愛会の活動に参加し、関西労働運動を主導した労働運動家・賀川豊彦の5年間の活動に言及しつつ、彼の労働運動理論「賀川イズム」について紹介します。3部では1921(大正10)年の川崎・三菱両造船所争議を主導した賀川豊彦の紹介と、その後基督教伝道、農民運動、協同組合運動など新たな舞台へ進んでいった賀川豊彦について浮き彫りにいたします。   今回の企画展で幅広い社会運動に取り組んだ伝道者賀川豊彦の、労働運動家としての側面を見ていただければと思います。そして賀川豊彦が労働運動に残した①共済活動への取り組み、②「賀川イズム」から「健全なる労働組合主義」へ、③川崎・三菱争議の教訓と労働運動の発展、④労働運動への資金援助と日本労働会館の建設支援、について一考していただければと思います。 スライド3_R スライド4_R スライド17_R スライド18_R スライド27_R スライド28_R スライド33_R