友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

企画展「総同盟・産別会議から新産別・総評へ―1946~1950年の労働運動―」(2020.7.6~12.8)

戦後労働運動の解放により1946(昭和21)年、新しい中央労働団体として労働組合主義の総同盟(日本労働組合総同盟)と階級的組合主義(左翼労働組合主義)の産別会議(全日本産業別労働組合会議)が誕生する。

 産別会議は戦後労働運動を主導するが、2.1ゼネストの失敗を契機に共産党の組合支配に反対する民主化運動が起こる。その結果、1949年12月に新産別(全国産業別労働組合連合)が誕生し、さらに民主化グループと総同盟・新産別などにより1950(昭和25)7月、総評(日本労働組合総評議会)が結成される。

 本企画展は総評結成70年を記念し、総同盟・産別会議の結成から、新中央労働団体の新産別・総評が結成されるまでの5年間(1946~1950)の日本労働運動を、産別民主化運動を中心に国際労働運動へも言及しつつ、紹介している。

第1部 戦後労働運動と総同盟・産別会議の結成―1946年8月1日、8月19日

 1945(昭和20)年の敗戦と戦後の民主化政策、労働運動の解放の中で1946年8月、労働組合主義を掲げた総同盟が再建される。それは戦前の友愛会・総同盟の再スタートであった。同月に階級的組合主義を掲げた産別会議も設立され、日本の労働運動は分裂スタートした。第1部は総同盟、産別会議の結成を中心に解説する。

第2部 産別会議民主化運動と総同盟の動き―1947年~1950年

 戦後日本の社会的混乱と経済的苦境の中、共産党の影響下にあった産別会議が労働運動を主導した。しかし、2.1ゼネストの失敗を契機に産別会議に民主化運動が起きる。それは共産党の組合支配からの脱却をめざした運動であった。第2部は産別会議民主化運動を中心に、総同盟や世界の労働運動に言及しつつ紹介する。

第3部 新産別・総評の結成と国際労働運動―1949年~1950年

 1949年12月、新産別が結成。翌50年7月、産別民主化グループと総同盟・新産別などにより総評が結成された。それは民主的労働運動に立脚し、国際労働運動(国際自由労連ICFTU)とともに歩むナショナル・センターをめざすスタートであった。第3部では新産別や総評の結成について、国際労働運動に言及しつつ解説する。