友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

常設展「日本労働運動の100年余―友愛会・総同盟(戦前)を中心とする」

友愛会系労働組合の史料館であり、またユニテリアン教会・惟一館ゆかりの社会運動に関する史料館でもある友愛労働歴史館は、展示会活動として企画展(年2回)と常設展を開催しています。

常設展は、労働組合期成会・友愛会から連合までの日本労働運動の100年余の歩みを、戦前の友愛会・総同盟を中心に紹介・解説したものです。三部構成で、「第一部 労働運動前史 福澤諭吉とユニテリアン」、「第二部 戦前の労働運動 1897年~1940年」、「戦後の労働運動 1946年~2014年)から構成されています。

特徴は戦前・戦後の労働運動の紹介・解説の前に、米国からユニテリアンを招聘し友愛会誕生のきっかけを作った福澤諭吉や、友愛会創立を支えた米国ユニテリアン協会のクレイ・マッコーレイ牧師の紹介・解説からスタートしていることです。

以下に常設展入口の写真と、展示資料の一部紹介を行います。

CIMG0535_R

スライド1スライド2スライド5スライド7スライド8スライド9スライド11スライド14スライド18スライド20スライド21スライド22

名 前 備 考
代表者 徳田 孝蔵  友愛労働歴史館館長
研究員   略
事務局 間宮悠紀雄 友愛労働歴史館事務局長