友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

講演会「片山哲―民主化のリーダー」のご案内、5月24日(木)14:00~

講演会「片山哲―民主化のリーダー」のご案内、5月24日(木)14:00~

 友愛労働歴史館は5月24日(木)、歴史館研修室において公開講演会「片山哲・日本民主化のリーダー」を開催いたします。講師は尚美学園大学名誉教授の梅澤昇平氏です(写真は2016年12月の講演会)。

現在、友愛労働歴史館は企画展「戦後民主化のリーダー 片山哲」(2018.1.5~6.29)を開催中ですが、今回の講演会はこの企画展と連動させたものです。

日本は1945(昭和20)年に敗戦を迎え、連合国軍最高司令部GHQの下で民主化が行われ、日本国憲法が制定されます。この新憲法下に行われた最初の総選挙で第一党となった日本社会党が主導した連立政権が片山内閣(1947.5.24~1948.3.10)であり、それを率いたのが片山哲(1887.07.28~1978.05.30)です。

彼は戦後の混乱期、食糧危機やインフレ、労働攻勢などに直面する中、片山内閣を率いて日本の戦後の民主化のために全力を傾けます。

今回の講演会では梅澤昇平氏をお招きし、「片山哲・日本民主化のリーダー、現代に受け継ぐものは何か」というテーマで、クリスチャン、弁護士、政治家として生きた片山哲を中心にお話しをいただきます。参加希望者は友愛労働歴史館までEメールで申し込んでください。

1.と き:2018年5月24日(木)14:00~16:00

2.ところ:友愛労働歴史館・研修室(友愛会館8階)

3.テーマ:「片山哲・民主化のリーダー、現代に受け継ぐものは何か」

4.報告者:梅澤 昇平  氏 尚美学園大学名誉教授究員

5.申込み:友愛労働歴史館 Eメール yuairodorekishikan@rodokaikan.org

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です