友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

ユニテリアン・ミッション(社会民主党・友愛会の創立など)がスタート、1890(明治23)年2月!

ユニテリアン・ミッション(社会民主党・友愛会の創立など)がスタート、1890(明治23)年2月!

福澤諭吉や金子堅太郎らの招聘を受けた米国ユニテリアン協会(AUA)は1887(明治20)年12月、アーサー・メイ・ナップ牧師(1841~1921。写真)を日本に派遣してユニテリアン・ミッションの是非を調査。その結果、1889(明治22)年10月、ナップ牧師の他、クレイ・マッコーレイ牧師や神田佐一郎、慶大3教授(慶應義塾に大学部を設置するためハーバード大学から招聘)らが来日します。そして同年11月、東京市麹町区永田町にユニテリアン協会本部を設置しました。

1890(明治23)年1月、ユニテリアン・ミッションを支援するため英国ユニテリアンの宣教師ヘンリー・W・ホークスが来日し、2月にユニテリアン協会本部は東京市麻布区飯倉町に移転。3月には月刊誌『ゆにてりあん』(主筆:クレイ・マッコーレイ牧師、惟一社発行)を創刊し、鹿鳴館で発刊を祝う会を開催しています。

130年前の1890(明治23)年2月はユニテリアン・ミッションが本格的にスタートした時で、後にこのミッションの一つとして1898(明治31)年に社会主義研究会(明治34年に日本最初の社会主義政党・社会民主党へ発展)が、1912(大正元)年には友愛会(日本最初の中央労働団体、後の総同盟・同盟。現在の連合)が創立されています。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です