友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

1894(明治27)年3月25日、ユニテリアン教会・惟一館(現在の友愛会館)が竣工!

1894(明治27)年3月25日、ユニテリアン教会・惟一館(現在の友愛会館)が竣工!

1894(明治37)年3月25日、米国ユニテリアン協会により東京・芝にユニテリアン教会・惟一館(設計:ジョサイア・コンドル)が建設されました。現在の友愛会館・日本労働会館です。献堂式には福澤諭吉や横井時雄らが祝辞を寄せています。

ユニテリアン教会は“至誠・正義・雍穆”を標語に、世界四大聖人(ソクラテス、釈迦、キリスト、孔子)の肖像を掲げ、教会長に仏教徒を招聘するなど開かれた姿勢を示しました。

米国ユニテリアン協会のクレイ・マッコーレイ牧師は、この惟一館を拠点にユニテリアン・ミッション(自由の拡大、社会問題の解決)に取り組みます。このため惟一館にはユニテリアン・ミッションに共感した多くの人々が集まりました。

その一人、安部磯雄(日本野球の父)により1898(明治31)年に社会主義研究会(後の社会民主党)が創られます。これにより惟一館は日本社会主義運動発祥の地となり、安部は日本社会主義運動の父と呼ばれました。1912(大正元)年にはユニテリアン教会の鈴木文治が友愛会(現連合)を創立したことにより惟一館は日本労働運動発祥の地となり、鈴木は日本労働運動の父と呼ばれました。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です