友愛労働歴史館は先達者のメッセージを読み取り、再発信します!

TEL.050-3473-5325

〒105-0014 東京都港区芝2-20-12 友愛会館8階

協同組合運動に生きた井堀繁雄(労働運動家・政治家)の資料を探しています!

協同組合運動に生きた井堀繁雄(労働運動家・政治家)の資料を探しています!

友愛労働歴史館が現在開催中の企画展「鬣(たてがみ)を持つ男・西尾末廣―労働運動・政治運動に生きた生涯―」(2021.3.8~7.5)は、労働運動家・政治家の西尾末廣(1891.3.28~1981.10.3)を取り上げた展示会です。

その西尾末廣の同志に井堀繁雄(1902.9.30~1983.7.18)がいます。井堀は100年前の川崎・三菱大争議に参加して逮捕され、その後、上京。埼玉県川口を拠点に鋳物工場で働く労働者を中心とする鉄工組合を率い、友愛会・総同盟の労働運動に取り組みました。

また、井堀繁雄(写真は昭和8年の選挙戦)は戦前の社会民衆党(安部磯雄委員長・片山哲書記長)から戦後の日本社会党・民社党で活躍した政治運動家(衆議院当選3回)であり、そして生協活動などの協同組合運動に取り組んだ人物でもあります。

今も川口駅前に建つ友愛センタービルの建設を主導したのは井堀であり、また彼は埼玉労働金庫や埼玉県勤労者生活協同組合の理事長を務めています。一方、中央台では全金同盟(現JAM)会長や㈶日本労働会館理事長などに就任しています。

友愛労働歴史館は現在、井堀繁雄に関する資料の収集・保管を行っています。井堀に関連する資料やグッズをお持ちの方は、ぜひ友愛労働歴史館までご一報ください。

友愛労働歴史館 Tel 050-3473-5325  E―Mail  yuairodorekishikan@rodokaikan.org

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です